Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレカ!④優勝戦予想

作間章が見事優出に成功しました\(^o^)/ベイパの名誉も何とか保たれた感じです。

さて、優勝戦ですが、全ての予想紙、サイトの予想、個人の予想は、1号艇坪井康晴に◎印を打つでしょう。そんな坪井の宇宙規模的?鉄板レースの様相です。しかし、チャレンジカップの意味を考えれば、真の目標は年末の賞金王決定戦への出場です。優勝条件しか賞金王への道が無い選手に、神様のサイが振られるのではないでしょうか。

などと書きましたが、単に2号艇作間に優勝させたいという思いだけです。3号艇笠原亮も優勝条件のようですが、準優の6コースからの勝利で運を使い切った感じがするので、ここは消えてもらいましょう。あと既に賞金王が決まっている2名、坪井と6号艇吉川元浩にも消えてもらいます。2着でOKな選手、4号艇田中信一郎、5号艇赤岩善生は2着のままで。

ということで印を打ってみました。
  坪井康晴
◎作間章
×笠原亮
○田中信一郎
△赤岩善生
  吉川元浩

うーん、ありませんね(~_~;)1号艇はほぼ連に絡んでくるので、
②-①=流し
まあ、こんな感じで...(-_-)

11月29日現在の回収率
購入額:552,800円
払戻し:385,760円
回収率:69.7%
 
スポンサーサイト

チャレカ!③

濱野谷憲吾は予選3日目にして準優落選、うーん残念です(ToT)/~~~近況の悪いリズムからなかなか脱することができないですね...
その代わりと言っては失礼ですが、作間章が予選を3位で通過、見事準優1号艇を手に入れました。作間は濱野谷と同じトーキョーベイパイレーツのメンバーです。ここは彼に頑張ってもらいましょう\(^o^)/その準優10Rのメンバーですが1号艇から作間、今垣光太郎、松井繁、赤岩善生、池田浩二、守田俊介という強者達です。果たして勝てるのか!?
明日は本場に行く予定です。気合で応援してきます!(*^_^*)

チャレカ!②

予選2日目、24レースが終わりました。注目の関東勢の成績は...

濱野谷憲吾→順位25位、着順  35、得点率5.00
2日終了時コメント「初日より舟の向きがいい」

作間章→19位、342、6.00
「バランスが取れて乗りやすい」

飯山泰→6位、3 31、7.33              
「行き足はよくなっていた」
              
うーん、濱野谷憲吾はちょっと厳しいか(-_-;)コメントは良くなってきているようだが、レースを見ているとモーター負けしている感じがする。1周1マークでのハンドルの入りはさすがなのだが、その後ゴールまで順位を維持できない。3日目、4日目に期待しましょう。

作間章は準優勝戦ボーダーあたり。1着がほしいですね。

飯山泰は調子良さそうですね。まだ3走ですが3連帯を守っています。浜名湖は飯山の得意水面。優出目指して頑張ってほしいですね\(^o^)/

関東勢以外では、2日目得点率1位の今垣光太郎、2位の市川哲也の中堅コンビに期待します◎

チャレカ!

浜名湖『SG第11回競艇王チャレンジカップ』がいよいよ始まりますね~\(^o^)/
前検日のモーター抽選では、王者・松井繁がエースモーターの47号機を引き当てました。王者は抽選運まで強いのか。本当に3億円レーサーになってしまうのでしょうか!?
注目の関東勢、濱野谷憲吾、作間章、飯山泰はどうかというと、そのモーターとコメントは、

濱野谷憲吾→勝率29.7%(44位)
「湯川(浩司)選手や坪井(康晴)選手に伸びられたし分が悪かった」→ダメっぽい!?

作間章→27.6%(49位)
「モーター勝率を考えれば合格」→行けるのか!?

飯山泰→43.2%(5位)\(^o^)/
「伸び型のペラでも伸びない」→うーん....

まずはドリーム戦、注目は①松井と②今垣光太郎の因縁の戦いか。そして85期の③湯川浩司と④井口佳典の同期対決。しかし穴のを空けるのは⑤濱野谷と⑥坪井康晴。そんな構図ですかね~楽しみな一週間がはじまります\(^o^)/

矢後剛 完全優勝ならず...(-_-;)

平和島『第5回日本トーターカップ』の優勝戦が行われました。完全優勝が掛かっていた圧倒的な1番人気の矢後剛は残念ながら4着に終わりました。うーん、当たり前ですがギャンブルに"絶対”は無いんですね~(^_^;)勝負の世界は厳しいーっ!
しかも、森永淳、岡本慎治の実力者が連に絡めなかったので、3連単は133,370円(102番人気)のビックリ配当!4日間という短い開催期間でしたが、中身の濃い最後まで見応えがある一節でした。

『GI鳴門モーターボート大賞』の優勝戦、賞金王決定戦勝負駆けの魚谷智之は6着という結果に終わりました。これで賞金王決定戦の出場は、チャレンジカップの結果待ちになってしまいました。地元GI初優勝の田村隆信はおめでとうございます。

なんか僕がブログに書いたために二人がこんな結果になってしまったような、ちょっと罪悪感をかんじますね...(^_^;)

GI鳴門モーターボート大賞 最終日

『GI鳴門モーターボート大賞』の準優勝戦で、魚谷智之が5コースから的確なハンドル捌きで1着をもぎ取り(正に自力で"もぎ取る”という表現がふさわしい!)優出しました。この後のSGチャレンジカップがF休みなので、この優勝戦は賞金王決定戦への勝負駆けです。1号・艇田村隆信と2号艇・山本隆幸という85期・銀河系軍団の対決という様相ですが、ここは魚谷に期待したいと思います。

平和島で開催されている一般戦『第5回日本トーターカップ』で近況好調な矢後剛が完全優勝しそうな勢いです。チルトをマイナス0.5~3度で走り分ける矢後ワールドは見事なもの。この優勝戦も注目です\(^o^)/

11月15日現在の回収率
購入額:543,800円
払戻し:383,780円
回収率:70.5%  

GI鳴門モーターボート大賞

11日から『GI鳴門モーターボート大賞』が始まりました。ここに出場している選手はSG 『競艇王チャレンジカップ』前の最後のGIになります。F休みでチャレンジカップに出られない魚谷智之、原田幸哉は、年末の賞金王決定戦に向けて何としても賞金を稼ぎたいところ。注目◎ですね。山崎智也は優勝しても賞金王は厳しいのかな...(-_-;)

濱野谷憲吾の初日の成績は22とまずまずの滑り出し。最近はリズムが良くないので、ここで挽回してチャレンジカップに臨んでほしいですね!

Boat Boy (ボートボーイ) 2008年 12月号 [雑誌]Boat Boy (ボートボーイ) 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/11/11)
今月号

商品詳細を見る

競艇マクール 2008年 12月号 [雑誌]競艇マクール 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/11/11)


商品詳細を見る

HDR

HDR(ハイダイナミックレンジ)イメージに挑戦!
HDRイメージとは、専門的なことはウキペディアなどに任せるとして、ひと言で言うならば「目で見たままの画像」でしょうか。WEB上でHDRイメージを検索して見てみましたが、ベースが写真ながらイラストぽく感じられるのが面白いと思いました。
制作は『HDRsoft Photomatix Pro 3.0』というソフトを使いました。制作過程などは追って書きますね。まずは試しに作ってみたイメージをアップします\(^o^)/

HDR_上野01
本来調子が飛んでしまう看板の文字や、つぶれてしまう壁面や道路の調子が、きちんと表現されています。ある意味欲張りな画像ですね。

HDR_上野02
どこかセットぽい感じですね。

HDR_上野03
実際は長時間露出で撮っているので、実際にもこうは見えません(^_^;)

Extra

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

コッシー

Author:コッシー
漫画モンキーターンのアニメを見て競艇にはまる。酒好き。特に日本酒を愛しています。阪神ファン。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。